おせち通販の為の初心者ガイド

おせち料理の由来

おせちの写真

おせち料理は「御節料理」と書き、節日(せつにち)のための料理の意味です。

節日は季節の変わり目の祝日のことで中国から節句の行事が伝わったことで広まりました。
朝廷で節日に節会(せちえ)という宴が催され、一年に5つ節句があったので、五節句の日は節日として食べ物が振る舞われました。

 

節日の中でも元日は数え年齢で新たな歳を迎える特にめでたい日で、季節の変わり目というより、一年の節目にあたる特別な日として五節句とは別になっています。
「おせち」の由来については節会で神様にお供えし、振る舞われた料理を「御節供(おせちく)」と読んだことから、その後、省略されて「おせち」になったと言われます。
しかし、その起源は古く、弥生時代に当時の人々が作物の収穫を季節ごとに神様にお供えして感謝し、生活の節目としていたことに由来すると言われます。

 

自然の恵みや収穫に神様に感謝して供えた物を「節供(せっく)」と呼び、供えた食材を調理して、来年の豊作や豊漁を祈願し、感謝しながら食べた「節供料理」がそもそものおせちの由来ということです。
朝廷の宮中行事だった御節が、江戸時代になると庶民も生活に取り入れるようになり、全国的に広がり、1年の節目の特別なお正月の行事として定着するようになります。
使われている食材にもそれぞれいわれがあり、かまぼこは日の出を表わし、元旦になくてはならないとされ、紅白にするのは紅はめでたさと慶び、白は神聖さを表わすとされます。

 

お正月と言えば…

蟹の写真

年末年始、特にお正月の寒い時期と言えば、おせちも良いですが蟹も人気ですね。家族や親戚と鍋を囲んで食べる蟹は絶品です。おせちと蟹の通販ができるショップは多いですので、お正月の目玉食材に蟹も取り寄せてみましょう。【注意】かに通販で詐欺が多発!評判で安心のショップはどこ?

おせち料理で縁起の良い具材

おせち料理の具材に保存食が多いのは、主婦が料理を作る仕事から正月の間は解放されるということもありますが、おせち料理は新年に歳年神様を迎えるためにお供えするのがそもそもの由来です。
そのため、歳神様をお迎えするのに台所に入ってはいけないとか、火の神様の怒りに触れるので火を使ってはいけないというのが理由だと言われます。

 

重箱に詰めるのもめでたさを重ねるという意味があり、基本は四段重や五段重で、一般的な三段重や二段重は略式になっています
おせちの具材も縁起の良いものを揃えます。
例えば祝い肴の黒豆、数の子、関東地区で多いごまめや田作り、関西地区で多いたたきごぼうがあります。

 

黒豆はマメに働けるように、数の子は子どもがたくさん生まれるように、ごまめや田作りは豊作になるように、たたきごぼうは豊作、息災、破邪の意味が込められています。
口取りの紅白かまぼこ、栗きんとん、伊達巻、昆布巻きも意味があります。
紅白は縁起が良いこと、栗きんとんはやりくり上手に暮らすこと、伊達巻は教養が持てること、昆布巻きはよろこぶ、幸せにという願いを込めています。

 

ところでおせちの具材で好きなものをアンケート調査してみると、年代問わず1位になったのは「数の子」、2位は「栗きんとん」、3位は「伊達巻き」でした。
数の子は中国・四国地方が1位、関西が2位、九州が3位と西日本地域が特に多いです。
女性の場合、1位「栗きんとん」、2位「黒豆」、3位「数の子」と男女で好みが分かれました。

 

おせち料理を現代風にするなら

日本の伝統的なおせち料理は、若い世代にはあまり好まれません。
食べ物の好みが多様化していることもありますが、普段めったに食べない食材を保存食として日持ちがするように、味付けを甘辛くしているので食べ馴れないため、美味しくないと感じるようです。
若い世代に好まれるように全て洋風にしてしまうと、おせち料理とは言えないので、和食の素材を生かす繊細な味わいを残しつつ、洋食も取り入れる和洋おせちが現代風です。

 

例えばホテルの現代風創作料理を取り入れたメニューは生ハムマリネ、海老マヨサラダ、カニとクリームソースパイ包み、合鴨スモークなどホテルのオードブルメニューが加わっています。
家庭で作る現代風おせちは、定番メニューをアレンジすると良いでしょう。

 

例えば伊達巻の甘ったるさが苦手な人向けに、すり身やはんぺんを使わず、裏ごしした豆腐を使い、甘味に砂糖ではなくメープルシロップを使用します。
伊達巻の焼き色をつけるための甘味料で、甘味を抑えた味付けになっています。

 

紅白なますもピクルスに見立てると現代風になります。
ふだん用に好きな野菜でピクルスを作りおきしておくと、紅白なますも簡単にできます。

 

万能ピクルス液は酢、水、塩、はちみつで作り、洋風の味付けにするなら唐辛子、粒こしょう、ハーブなどを加えると風味が良くなります。
紅白なますにする時は万能ピクルス液に拍子木切りにして塩もみした大根、にんじんを加え、ゆずの皮(お好みでゆずの果汁)を加えます。


このページの先頭へ戻る